BTOパソコンの選び方とそのコツ


BTOパソコンの選び方とそのコツ

自分の使用目的にあったパソコンはどのようなスペックのパソコンなのか
そしてどのようなパソコンパーツのついたパソコンを購入すればいいのか
わからない方は多いと思います。なので使用目的にあったパソコンを複数紹介します。

特徴についてこちらのサイトで詳しく紹介されています。
おすすめのBTOパソコンと選び方 – BTOパソコンの種類

予算をかけた方がいいパーツには*印をつけてます。

 

①インターネット、音楽、動画鑑賞用

ケース任意
CPUCeleron,Pentium 以上
マザーボードH81チップセット
メモリー4GB
CDドライブ任意
HDD500GB
OSDSP版 エディションは任意
電源300W以上
合計金額約4万円~5万円

ライトユーザの方には上記の構成をオススメします。
コスパもギリギリまで抑えているので財布にもやさしいです。

 

 ②オンラインゲーム用パソコン

ケース任意
CPUCore i5 以上
マザーボードH81チップセット
メモリー8GB以上
*グラフィックカードNVIDIAならGTX760以上/RADEONならR7以上
CDドライブ任意
SSD120GB以上
HDD500GB
OSDSP版 エディションは任意
電源550W以上
合計金額約11万円~13万円

SSDをつけましたが別にSSDはなくても平気です。
SSDを搭載しない場合にはあと7000円~1.2万円くらい安くなります。
ですがSSDを搭載することによりゲームデータの読み込みが速くなるメリットが
あるのでSSDをつけることをオススメします。
どのオンラインゲームでもプレイできる構成はこんな感じになると思います。
FPSなどのゲームで最高画質で楽しみたい場合には
より高性能なグラフィックカードが必要になるためあと8万~15万円くらいの
追加料金が発生します。

 

 ③トレーダー・株取引用のPC

ケース任意
*CPUCore i7
マザーボードH81チップセット
メモリー8GB
*グラフィックカードNVIDIAならGT720以上/RADEONならR4以上
CDドライブ任意
HDD500GB
OSDSP版 エディションは任意
電源450W以上
合計金額約8万円~9.5万円

デイトレードなどやる方は複数ディスプレイを使用する方が多いので
グラフィックカードを搭載し、複数ディスプレイ表示できるようにしています。
Core I7にした理由は株をやっているとグラフなどを複数見て売買の判断を
しなくてはいけないのでそのグラフの表示を複数同時に表示してもグラフの表示が
遅延などしないようになっています。

BTOパソコンのショップ選びは下記のサイトが参考になります。
BTOパソコンおすすめメーカー | BTOパソコンをおすすめする理由