最適なスペックは?

用途によって適したパソコンがあります

自分の使用目的にあったパソコンは
どのようなスペックのパソコンなのか
そしてどのようなパソコンパーツのついたパソコンを
購入すればいいのかわからない方は多いと思います。
なので使用目的にあったパソコンを複数紹介します。
なお、予算をかけた方がいいパーツには*印をつけてます。

1.インターネット、音楽、動画鑑賞用

ケース 任意
CPU Celeron,Pentium 以上
マザーボード H81チップセット
メモリー 4GB
CDドライブ 任意
HDD 500GB
OS DSP版 エディションは任意
電源 300W以上
合計金額 約4万円~5万円

ネットの動画配信を見たりパソコンの軽作業を行う
ライトユーザの方には上記の構成をオススメします。

パーツをギリギリまで抑えているので財布にもやさしいです。

2.オンラインゲーム用パソコン

ケース 任意
CPU Core i5 以上
マザーボード 任意
メモリー 8GB以上
*グラフィックカード NVIDHIAならGTX760以上 RADEONならR7以上
CDドライブ 任意
SSD 120GB以上
HDD 500GB
OS DSP版 エディションは任意
電源 550W以上
合計金額 約11万円~13万円

構成例にはSSDが搭載されています。
ゲームプレイ時にはファイルを頻繁に読み込みに行くため、
その点においてSSDが有利であることを考慮すると
搭載しておいたほうがいいと言えますが、
プレイするゲームで、特に必要がない場合は取り付けなくてもOKです。
その場合にはあと7000円~1万円くらい安くなります。

FPSなどのゲームを最高画質で楽しみたい場合には、
要求されるグラフィックカードがハイエンドのものになるため、
5~10万ほど合計金額が上振れします。

3.株やFXなどトレーディング用のPC

ケース 任意
*CPU Core i7
マザーボード H81チップセット対応品
メモリー 8GB
CDドライブ 任意
HDD 500GB
グラフィックカード NVIDHIAならGT720以上 RADEONならR4以上
OS DSP版 エディションは任意
電源 450W以上
合計金額 約8万円~9.5万円

株のデイトレードやFX取引などやる方は、
利便性の関係で複数ディスプレイを使用することが多く、
そのためグラフィックカードを搭載し、
複数ディスプレイ表示できる構成にしています。

ただし、現在一般的に市販されているマザーボードのほとんどで
2画面は出力できるため、
絶対に搭載しなければならないというわけではありません。
利用したい画面数やアプリケーションや
他の用途との兼ね合いで取り付けを検討するといいでしょう。

CPUにCore i7を選択した理由は、
リアルタイムで描写される情報に対する遅延をできるだけ少なくするためです。
とりわけグラフを多く描写するアプリケーションなどでは、
CPUのパワーが必要になるためCore i7のほうがより望ましいと言えるでしょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP