自作PCとBTOパソコンの違い


BTOパソコンと自作PCの違いについて考えてみたいと思います。

BTOパソコンと自作パソコンの違い

  • 自作は自由度が高く、費用は安いが時間と労力がかかります。
  • PCトラブルが発生した場合、BTOパソコンだと保障があるので原因を
    解明して保証期間内ならばPCパーツを交換してくれます。
    自作PCの場合は自分で原因を解明しなくてはいけないので時間と労力と
    PCパーツに対する知識が必要になります。
  • 自作する場合、PCパーツを購入した際にパーツの規格を間違えたりする可能性が
    あるがBTOパソコンには構成の間違えがないです。
  • BTOパソコンを購入する時にカスタマイズする場合、少しでもパソコンパーツの
    知識がないと自分の求めるスペックにするカスタマイズ方法がわからないことがある。
    自作する場合にはそれなりの知識があると思うので自分が求めるスペックのPCが作成できる。

以上のことから自作するよりはお金がかかってしまいますが、BTOの方が
時間・労力がかからないためBTOの方が優れています。
BTOパソコンを購入した方に言えるのですがPCパーツに対しての知識を
持ってもらいたいです。少しでも知識を持っていれば自分で色々なPCパーツを
増設できたり上位品、省電力品などに交換できるので自作の楽しみもわかると思います。