実況用パソコンのおすすめ構成


実況用パソコンおすすめ構成

実況用や生放送用パソコンに必要なパーツ、オススメ構成を紹介します。

まず実況や生放送をするだけならミドルレンジクラスのパソコンで十分です。
ゲーム配信する場合にはゲーム動画を取り込むためのキャプチャーカード、
マイクなどが必要になるのでミドルレンジの構成+実況、
生放送用のパーツ代がかかるくらいなのでそこまで費用もかかりません。
ですが配信動画を安定させたい場合にはCPUだけは費用をかけるようにしましょう。
CPUの性能を高性能のCPUにすると動画のコマ落ちや
処理落ちなどが発生する頻度を軽減してくれます。
あと配信用のパーツを購入する際には、
対応している端子(HDMI、D端子)の確認と自分のPC環境にあった物を購入しましょう。

①PS3やWIIUなどの生放送、実況用のおすすめ構成

 

ケース任意
CPUCore i7
マザーボード任意
メモリー8GB以上
HDD任意
OSDSP版 エディションは任意
電源450W以上
キャプチャーカード自分の用途にあったキャプチャーカード
合計金額約9万~11万

②ゲームの生放送、実況用のおすすめ構成

ケース任意
CPUCore i7
マザーボード任意
メモリー8GB以上
グラフィックカードNVIDIAならGTX760以上、RADEONならR7以上
HDD任意
OSDSP版 エディションは任意
電源550W以上
キャプチャーカード自分の用途にあったキャプチャーカード
合計金額約10万~12万

私は配信、実況をしたいと思っているBTOパソコン、自作初心者の方には
最低限これ以上のスペックのPCをおすすめしています。
あとは注意することはないですが配信するためのソフトの設定が一番面倒です。