OSのカスタマイズ


OSのカスタマイズ

【OSとは?】

OSとはOperating System の略になります。
OSとはパソコンを動作させる基本ソフトで、マウス・キーボード、メールやインターネット
ワードエクセルなどを使用できるようにしているのもOSの働きのおかげです。

 現在発売されている製品

OSの種類販売形式
Windows 7 Home Premium 32bitパッケージ版・DSP版
Windows 7 Home Premium 64bitパッケージ版・DSP版
Windows 7 Professional 32bitパッケージ版・DSP版
Windows 7 Professional 64bitパッケージ版・DSP版
Windows 8.1 32bitパッケージ版・DSP版
Windows 8.1 64bitパッケージ版・DSP版
Windows 8.1 Pro 32bitパッケージ版・DSP版
Windows 8.1 Pro 64bitパッケージ版・DSP版

【パッケージ版とDSP版の違い】

・Windows 7 パッケージ版

32bitと64bitが入っているのでどちらでもインストールできます。
すべてのサポートはMicrodoftが行ってくれます。
Windowsの修復インストールが優秀で、修復率が高いです。

・Windows 7 DSP版

OS単体で販売されているため32bitと64bitを自分で選択して購入する必要があります。
サポートは販売店が行ってくれます。
Windowsの修復インストールがそんなによくありません。
新規インストールしかできません。アップグレードはできません。

・Windows 8.1 パッケージ版

32bitと64bitが入っているのでどちらでもインストールできます。
すべてのサポートはMicrodoftが行ってくれます。

・Windows 8.1 DSP版

OS単体で販売されているため32bitと64bitを自分で選択して購入する必要があります。
サポートは販売店が行ってくれます。

【どのOSを選ぶのが良いか】

オススメのOSはメモリーの容量をたくさん使える64bit版OSがオススメです。

OSと種類とエディション

OSと種類とエディション32bit64bit
Windows 7 Home Premium4GB16GB
Windows 7 Professional4GB192GB
Windows 8.14GB168GB
Windows 8.1 Pro4GB512GB

・32bit OS

どちらのOSもメモリーは4GBまでしか使えません。
インターネットや動画をみたり、
音楽を聞いたりワード・エクセルを単体で使うだけなら問題はないですが
ゲームやインターネットを同時に起動したり
するとメモリーが足りなくなる可能性があります。
32bitにする場合にはパソコン内で軽作業しか行えません。

・64bit OS

メモリーの上限がWindows7でHomePuremiumで16GB・Proで192GB、
Windows8.1で無印は128GB・Pro以降は512GBまで使えます。
メモリーの搭載できる容量が多いので動画編集や3DCGソフトや
ワードやエクセルなどのソフトを複数起動しても不足しません。

上記のことからOSは64bit版のOSをオススメします。
値段も32bit版も64bit版もほぼ変わりません。