BTOパソコンとは


BTOとは何の略なのかそしてどのような意味なのか理解してない人は多いと思います。
このBTOとはどのような意味なのか説明していきます。

BTOこれは「Build to Order」、受注生産という意味になります。

BTOパソコンを具体的に説明すると、BTOショップでPCを購入した際にカスタマイズができ、
ケースの変更、メモリの容量、HDDの容量や数を増やしたり、グラフィックカードを増設したり
できるパソコンのことをBTOパソコンといいます。メーカー製のパソコンではパーツの増設ができません。

ではこのBTOパソコンにはどのようなメリットがあるのか、説明します。
BTOパソコンのメリットは、メーカー製パソコンより高性能のパソコンを作れることと
自分にほしい性能のパソコンが作れる所です。動画編集やPCゲームで
使用する際にはCPUやグラフィックカードの上位の物にしたりできますし、
インターネットや動画をみるだけのPCが欲しい人にはには最少の構成にし、
コスト削減できたり自由度の高い所がBTOパソコンのメリットです。

自作パソコンについて。
まず初めて自作をする方は自作するのはあまりオススメできません。それはなぜかというと
自作するのに時間がかかる上にPCパーツ等の相性問題などが発生したり,自作してる時にPCパーツを
壊してしまう可能性があるのでオススメはできません。

私が初めて作った時はPC組み立てをし、OSインストール、設定などで半日くらいかかりました。

どうしても自作したい人は自作動画、自作パソコンの雑誌などをみたり、壊れてしまったPCを分解しで少し予習をしてから自作するのが
いいです。
BTOパソコンショップに注文すると値段が高くなるというイメージがありますが、組み立てる労力と時間を
考えると自作初心者の方が自作するよりBTOパソコンショップに注文する方がいいです。今はPCショップの
カスタマイズ出来るパーツなどが豊富なので自分にあったPCが作れないということはないです。
BTOパソコンに興味を持ち、詳しくBTOパソコンの事を聞きたい場合はどこのショップでも電話したり直接店頭で聞けば教えてくれるので
是非聞いてみるのがいいです。