メーカー系BTOかショップ系BTOか


メーカー系BTOかショップ系BTOどちらがオススメなのか比べていきます。

主なBTOパソコンショップはこちらのサイトが詳しいです。
BTOメーカー口コミ評判比較NAVI – BTOパソコンショップ一覧

 

【メーカ系とショップ系のパソコンの主な違い】

メーカー系のパソコンではパソコンケースが決まっているため
オシャレなケース、静音ケース、冷却重視の
ケースなどが選べないないがバンドルされているソフトが多いこと。
ショップ系パソコンではカスタマイズできるパーツの自由度が高いが
メーカー系のパソコンではカスタマイズできるパーツの
自由度があまりないことが主な違いです。

 

【メーカー系のパソコンのメリット、デメリット】

・メーカー系パソコンのメリット

ケースが専用ケースなので市販されているケースにはない独特の性能、
見た目をもったケースが多いことと
ショップ系パソコンにはバンドルソフトがないが、
メーカー系パソコンにはバンドルソフトがあることです。
ケースや電源などはカスタマイズできないがCPU、
メモリーやHDD等はカスタマイズできるので性能の向上はできます。

・メーカー系のパソコンのデメリット

ショップ系パソコンに比べて値段が若干高いのとカスタマイズの自由度がなく
ケースを他のケースに交換できないため、見た目を重視する人にはオススメできない。
あと内部のパソコンパーツでどのパソコンパーツのメーカーのパーツを使用しているか
わからないため粗悪品の場合があります。

 

【ショップ系パソコンのメリット、デメリット】

・ショップ系パソコンのメリット

電話対応で自分に合ったパソコンを教えてくれるので自分に合ったパソコンが購入可能です。
値段がメーカー系のパソコンより若干安く、
メーカー系のパソコンより自由度が高いためカスタマイズでパーツを自分好みに
交換できます。バンドルされているソフトがほとんどないので、
HDDの使用できる容量が多かったりパソコンの動作が若干軽いです。
あと購入後も自分でパーツを増設できるため自分に合ったPCの構築が可能です。

・ショップ系のパソコンのデメリット

パソコンパーツに対しての知識がない方にはオススメできないこと。
カスタマイズできるパーツが多いため
どのパーツを購入したら自分にあったパソコンを作ってくれるかわからないことがある。

【まとめ】

それぞれいい所はありますがメーカー系もショップ系もサポート、保障などは変わらないのが現状です。
違いは値段、バンドルされているソフトやカスタマイズできるパーツの種類です。
なので私は値段やケースの見た目、性能を気にするので購入後も自由にカスタマイズでき、
値段も安いショップ系のパソコンをオススメします。