メモリのカスタマイズ


・メモリーとは

CPUが使用するデータなどを一時的に置いておく役割をもっています。
メモリーの容量が不足してしまうとパソコンの動作がとても遅くなります。
逆に多くても動作が速くなることはないのであまりメモリーを大容量にすることもありません。
メモリーはパソコンの使用方法やマザーボードの種類によって搭載できる規格、
容量が異なります。

・メモリの容量選びのポイント

 

・メモリーを搭載する際の目安

インターネット、音楽・動画視聴4GB以上
動画編集、ゲーム8GB以上
3DCG編集など16GB以上

・OSのバージョンやエディションによる搭載可能な最大メモリ容量

OSと種類32bit64bit
Windows 7 Home Premium4GB16GB
Windows 7 Professional4GB192GB
Windows 8.14GB128GB
Windows 8.1 Pro4GB512GB

上記の表をみてメモリーの搭載できる容量を確認しましょう。

・オススメのメモリメーカー
・オススメのメーカー
CFDとCentury Microのメモリーが人気です。

おすすめのメモリーは
CFD → ELIXIRの4GB×2
Century Micro → 4GB×2
が無難でしょう。

 

・オススメの理由

CFDがオススメの理由は1GBあたりの単価が安いからです。
Century Microの製品は逆に1GBあたりの単価がすごく高いですが
日本製で信頼度があるところがオススメの理由です。

 

・最後に

メモリーは現在4GBで足りますが先のことを考えると8GB以上の容量を搭載することを
オススメします。