BTOパソコンのメリット・デメリット


自作PC、BTOパソコン、既製のメーカー製PCについてのメリット、デメリットについて考えていきます。

自作PCのメリット、デメリットについて

・自作PCのメリットは組み立てる際に自由度が高いことと、後からパーツを増設できるところ、
自分でパーツを見て購入できる所です。
・デメリットは、自作初心者にはオススメできないことです。

なぜかというと自作初心者には知識や経験がなく、PCが仮に組みあがったとしてもパーツの
不良がでてもどこのパーツが悪いのか特定できないのであまりオススメできないです。

BTOパソコンのメリット、デメリットについて

・BTOパソコンのメリットは、既成のメーカー品のPCよりも自由度が高いのと自作する手間が省けるので
時間、労力がかからないことと自作PCと比べてもあまり値段が変わらないことです。
既製のメーカより自由度が高いので必要に応じてパーツの追加をすることができるので、
このように自由度が高いところが良いところです。
自作する場合にはパーツを買いに行ったり、一から組み立て、OSのインストールや
設定などしなくてはいけないので時間と労力がすごいかかるのでオススメできないです。
・デメリットは、ショップのサポート体制が不安、
パーツに粗悪品を使ってるなどいろいろあると思いますが今は電話対応してくれたり
ショップのカスタマイズのページに画像などが乗っているので
BTOパソコンのデメリットはあまりないのかもしれないです。
ショップによってはカスタマイズするのに料金をものすごい取られることもあるので
ショップを選ぶ時には他のショップと見比べながら購入するのがオススメです。

既成のメーカーパソコンのメリット、デメリットについて

・メリットは、保障がついてきたり、ハードウェアなどの
知識がなくてもいい所と完成されたパソコンを購入できる所です。
BTOショップでは長期保障などカスタマイズでつけるにもお金がかかるし、
自作するにもPCパーツ、ハードウェアに関しての知識が必要なので時間と労力がかかります。
・デメリットは、パソコンの自作・BTOパソコンよりも
パソコンのパーツの自由度がないのと値段が高いことです。
全体的に見て大体5000円~30000円くらいは高くなってると思います
。 なので既製のメーカーパソコンを買うくらいならBTOパソコンを購入した方がお得だし、
自分の使用目的にあったパソコンを購入できます。

最後に、私はPCパーツとか全くわからないのですが、
PCパーツ等の値段を調べてBTOショップと比べても
あまり値段に差がないので私はBTOショップでパソコンを買うのをおすすめしています。
BTOパソコンで自分にあったパソコンを購入できるので
無駄なアプリなどがついていて値段の高い既製のメーカーパソコンはあまり買う気がなくなってしまいました。