DVD・ブルーレイ視聴用パソコン


DVD・ブルーレイ視聴用パソコン

DVD・ブルーレイ視聴に適したBTOパソコンを解説していきます。

視聴するにあたってパソコンに求められるスペックはローエンドのパソコンで十分です。
BTOパソコンやメーカー製のパソコンを購入する際にはドライブなしの構成が売っている場合があるので、
DVDドライブやブルーレイドライブが付いている確認してからパソコンを購入するようにしましょう。
自分でブルーレイドライブを増設する場合、再生ソフトが同梱されている物を購入しましょう。Windows Media Player など、
OSに入っている既存の再生ソフトでは再生できません。

 

DVD・ブルーレイ視聴用BTOパソコン おすすめ構成

CPUCore i3
メモリー 4GB4GB
マザーボードCPUと同じソケットの安いもの
HDD任意
電源300w以上
DVD・BDドライブ任意
OS任意
ケース任意

上記の構成を最安で自作した場合大体4~5万円くらいで制作できます。
この構成は視聴はできても録画はできません。録画もするという方は
録画ができるドライブとHDDの容量を増やさなくてはいけないので価格が少し高くなります。

 

まとめ

現在のBTOパソコンや製品版のパソコンではパソコンの性能が足りなくてブルーレイがみれないということは
ほとんどありません。なので色々なBTO・パソコンショップをみて最安のパソコンを購入するのがいいです。