グラフィックカードのカスタマイズ


グラフィックカードのカスタマイズ

・グラフィックボードとは

CPUの内蔵グラフィックとは別にグラフィックの処理を行ってくれるパーツです。
CPUの内蔵グラフィックはグラフィックボードのローエンドにあたる性能です。
グラフィックボードは4k動画、ゲーム、動画・画像編集などの作業をする方が使用するものです。
4k動画を視聴するだけなら内蔵グラフィック(HD Graphics 5000以降)で可能です。
ですがCPUへの負担など考えるとミドルレンジ以上のグラフィックボードをつけることを
オススメします。

・グラフィックボードに搭載されているチップの種類

Nvidiaがチップを製造しているGeForce、AMDがチップを製造しているRadeonがあります。
Nvidia → Geforce GTX***
AMD   → Radeon R* ***
といった形で販売されています。
*には数字が入ります。数字の数が多いほど性能が高くなります。

・どのグラフィックボードを選んだらいいか

動画、音楽、インターネット、地デジ
株、マルチディスプレイ
4k動画、ゲーム、動画・画像編集

・売れ筋・オススメグラフィックボード

・売れ筋のグラフィックボード
Nvidiaのミドルレンジクラスの商品が売れ筋商品です。
GTX960、GTX970、GTX980 など
RADEONシリーズだと低価格帯のグラフィックボードが売れています。

・オススメのグラフィックボード

オススメはGeForceの中高価格帯以上のグラフィックボードをおすすめします。
理由としてはコスパがいいこととDSR(Dynamic Supper Resolution)を使用できるからです。
これはフルHDまでしか解像度のないディスプレイでもフルHD以上のグラフィックで表示できるようにする機能です。