ゲーミングPCのBTOおすすめ構成


ゲーミングPCのBTOおすすめ構成

 

【どのパーツを優先すべきか?】

3Dゲームをプレイする際にあたって重要なパーツが3つあります。

まず1つめにグラフィックカード、これが一番大事です。
グラフィックカードをがないと、多くの3Dゲームは快適にプレイできません。
グラフィックカードのメリットは描画性能の向上の他、
CPUが負担していたグラフィック描画の処理を代替してくれるので、CPUが性能をより発揮できるようになります。
3Dゲームをプレイする際に必要な要素をグラフィックカードを増設することで確保できます。

2つめにCPUです。CPUを高性能の物にすれば全体の処理速度が早くなります。

基本的にはその時点で最新の上位CPUはゲームタイトルに対して

オーバースペックであることが多いので 4コアCPUのCore i5、Core i7を選択しておけば

ほとんどのゲームの発表している推奨動作環境はクリアするでしょう。

3つめにメモリーです。これはデータなどを一時的に記憶する領域です。

データ容量の大きいゲームであるほどメモリーが必要な傾向にあります。
3Dゲームをプレイしたい場合には現状では最低8GBの容量があれば足ります。

 

上記以外で細かい点を言えば、電源はグラフィックカードに見合った容量が必要です。

BTOパソコンであれば、万が一電源容量が不足していれば

ショップが電源不足を指摘してくれますので問題ありません。

エアフローに応じたかっこいいゲーミングケースもケースが選べるBTOパソコンショップであればおすすめです。
自作、BTO初心者の方にオススメする構成を2つ紹介します。

①低予算の構成

PCケース任意
CPUCore i5
マザーボード任意
メモリー8GB
SSD120GB
HDD任意 (なくてもどうにかなります)
グラフィックカードGeforce GTX750Ti ~GTX960
OSWindows 7/Windows8.1
電源ユニット550W以上 80plus認証取得電源
合計金額約10万円~13万円

低予算においては上記が目安になります。

なんと言っても、ショップによっては10万円を切るかもしれないコスパの良さ、

3Dゲームをプレイする際の最低限の動作環境を満たしていることがポイントでしょう。
コスパをさらに抑えたい方はSSDをHDDにしてもよいでしょう。

ですがSSDを搭載することによりゲームがHDDの読込みで遅延するような場面を大きく減らせます。

総合的な速度の向上も見込めますのでSSDを搭載することをおすすめします。
電源は80plus認証、できればSilverやGold認証を取得していれば安心感があります。

もちろん低予算といっても予算に余裕があるのであれば

CPU、グラフィックカードのグレードを上げれば、費用分の性能向上が見込めるでしょう。

②標準的なゲーミングパソコンの構成

PCケースゲーミングケース
CPUCore i7
マザーボード任意
メモリー8GB~16GB
SSD120GB~256GB
HDD1~2TB
グラフィックカードGeforce GTX960/GTX970/GTX980
OSWindows 7/Windows8.1
電源ユニット600W以上 80Plus認証 Gold
合計金額約14万円~20万円

標準的なゲーミングパソコンの構成です。

現行のゲームの推奨環境を余裕を持ってクリアしています。

グラフィックカードはGTX970以上にできればしたいところです。

SSDも現在容量あたりのコスパの良い240GB以上のモデルがおすすめです。

電源はグラフィックカードのグレードが上がるほど必要な容量が増します。

GTX960なら550W、GTX970なら600W、GTX980なら650Wといったところでしょうか。

ケースも高級ケースである必要はありませんがエアフローの良いゲーミングタイプのケースが無難でしょう。

 

③ハイエンド構成

PCケースサイズに余裕のあるゲーミングケース
CPUCore i7
マザーボードゲーミング仕様のマザーボード
メモリー16GB以上
SSD256GB~512GB
HDD2TB~4TB
グラフィックカードGeforce GTX970 SLI/GTX980 SLI
OSWindows 7 Pro/Windows8.1 Pro
電源ユニット1000w以上 80Plus認証 Gold
合計金額約25万~35万円

 

この構成のオススメの理由はこの構成で最高画質でプレイできないゲームはほとんどないというところです。
ただ値段がすごく高いので・・・

最後に、ミドルレンジクラスのグラフィックカードより劣るスペックを使いグラフィックカードに負担をかけるなのなら
ミドルレンジクラス以上のグラフィックカードを使う事をオススメします。それ以下のを無理に使うとグラフィックカードに
負担をかけすぎて早く壊れる原因になりかねません。なので3Dゲームをやる際に一番大事なグラフィックカードには
予算をケチらないようにしましょう!

 

 

おすすめゲーミングパソコンショップ

 

パソコンショップSEVEN ゲーミングパソコン

パソコンショップSEVEN

ドスパラ ゲーミングパソコン

ドスパラ

G-Tune

G-Tune